社長メッセージ(ご挨拶)

田中 聡の写真

1987年に古河電気工業株式会社(古河電工)の情報システム部門から分社独立した「古河インフォメーション・テクノロジー株式会社」は、ユーザー系ICTサービスプロバイダーとして、お客様視点で、真の課題解決に注力して参りました。設立から30年を経過した2017年10月、株式の51%を富士通株式会社(富士通)に譲渡し、富士通51%:古河電工49%の新生「FITEC株式会社」として新たなスタートを切ることといたしました。富士通のもつ最先端のICT技術と、これまで培ってきた古河電工のものづくりや基幹系業務のノウハウを融合させ、更に高いレベルのソリューションを、より高い品質でお客様に提供することが主眼です。

これまでの「古河インフォメーション・テクノロジー株式会社」としての強みは、

  • ものづくりの現場を熟知し、業務経験やノウハウを蓄積し続けてきたこと
  • 戦略・企画、構築、保守・運用に至るシステム全般の技術・ノウハウを蓄積してきたこと

にあります。

今後は、これらに富士通の世界レベルでのICT技術を加えて、古河電工グループをはじめ、企業・官公庁など多くのお客様にICTソリューションをご提案し、より高い品質でご提供し続けていく所存です。

弊社が設立以来一貫して貫き通しているものは、企業理念にもあるとおり、「先進的な情報技術を積極的に活用し、最適なソリューションをご提供することにより、より大きな知力と、より高い組織力を、また、新たなる価値を創造」することです。創業以来の継続した取り組みとして、

  • お客様の問題・ニーズ(潜在ニーズ含む)、お客様ビジネスを知りつくした提案・課題解決
  • お客様ビジネス・業績・競争力に貢献できるソリューション提案
  • 業務プロセスの改革・改善における最良のアドバイザリー・サービス
  • グローバルな視点での創造的な人財育成

に一層の努力・研鑽を行う所存です。

お客様のことをお客様以上に考える思考で、社員の想いを一つにし、変化の激しい時代に挑戦し続けていきます。お客様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様と共に成長・発展させていただくことができれば光栄に存じます。

皆様の一層のご指導、ご鞭撻、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

FITEC株式会社
代表取締役社長 谷口 元彦