doSmart iAP

doSmart®iAPは「標準化・効率化・高精度化」のコンセプトに基づいて開発された、画期的な画像解析プラットフォームです。

粒度分析事例の図

サービス概要

doSmart®iAPはFITECの画像解析ノウハウを結集したプラットフォームです。お客様のご要望にあった最適な画像解析プロセスを、独自の“最適化技術”を用いて構築。また、お客様のニーズに応じて、独自に「画像処理・画像認識フィルタ」の開発にも対応し、より高精度で、再現性が高く、スピーディな画像解析を実現します。

以下のようなお悩みはないですか?

  • きず検知など、目視判断の検査工程を効率化したい
  • 不純物の計量など、目視確認の計測工程を標準化したい
  • 画像解析の複雑なオペレーションを簡易化したい
  • いろいろ質問したいが、Q&Aサポートが無くて困っている

doSmart®iAPが解決します!

  • 画像処理プロセスを最適化・自動化
    doSmart®iAPの最大の特徴は、画像処理プロセスの「最適化技術」--つまり、機械学習によって、解析のアルゴリズムを自動算出する機能です。学習用画像(原画像と目標画像の組)を入力するだけで、解析のパターンを自動的に学習できるため、外観検査や材料分析など、生産工程に組み込むことも可能です。
  • 解析を標準化・高度化・高速化
    「人依存」から脱却し、解析プロセスを標準化することで、計測結果の精度や再現性を確保するとともに、解析業務を効率化します。また、熟練者のノウハウを継承することで、多様なニーズに対応するとともに、高精度な解析を実現。さらに、画像処理・画像認識作業を高速化するため、画像解析の作業工数を大幅に短縮できます。
  • 粒子解析や動画解析にも対応
    ナノ粒子など粒度分析に最適です。電子顕微鏡/光学顕微鏡など多様な画像入力に対応し、また、Excelとの連携で分析結果の表計算にも対応しています。さらに、耐震・加振実験などの、動画による変位計測にも対応。モーション・トラッキング機能や、独自のパターン認識アルゴリズムで、精度の高い動画解析を実現します。

応用分野例

  • 研究開発分野
    素材の材料分析、顕微鏡画像の粒度分析
  • 技術開発分野
    溶接面など、製品の加工部分の検討
    製品の振動/耐震試験の動画から変位などの動きを抽出
  • 品質管理分野
    塑性加工後の製品表面のきず検知
    加工製品表面の刻印印字の認識
  • 画面管理分野
    複数枚の紙図面から図面の違いを検出