会社案内

概要

商 号 古河樹脂加工株式会社(Furukawa Industrial Plastics Co., Ltd.)
代表者 代表取締役社長 佐藤 隆士
設 立 昭和60年8月14日
資 本 金 3億円
株 主 古河電気工業株式会社(100%)
取引銀行 みずほ銀行
従業員数 121名(2019年3月31日 現在)
本社・千葉工場 〒261-0002 千葉市美浜区新港195番地
本社 地図はこちら
九州エフレックス工場 〒800-0115 北九州市門司区新門司1丁目8番地 古河電工産業電線(株)九州工場内
TEL : 093-481-1471   FAX : 093-481-2852
九州エフレックス工場 地図はこちら
市原委託工場 〒290-8555 市原市八幡海岸通6番地 古河電気工業(株)千葉事業所内
TEL : 0436-42-1829   FAX : 0436-42-1831
市原工場 地図はこちら

沿革

古河樹脂加工(株)の歴史
1984 4 栄光開発(株)プラスチック工場開設、合成樹脂製可とう電線管「プラフレキ」部品の製造開始
12 自動車用ワイヤーハーネス保護カバー「コルゲートチューブ」の製造開始
1985 4 古河電気工業(株)平塚工場からプラフレキ製造設備を移設、プラフレキの製造開始
8 古河樹脂加工(株)設立(栄光開発(株)の全額出資)
9 栄光開発(株)から当部門の営業を譲り受け、同時に古河電気工業(株)が全株式を取得
1986 10 難着雪リングの製造開始
11 自動車用部品の製造開始
1988 4 プラフレキ及びプラフレキ部品についてJIS工場の表示許可取得
8 電線ケーブル用地中埋設保護管「エフレックス」部品の製造開始
1996 6 空調配管用化粧ダクト「フリーコーナー」の製造開始
2001 4 古河電気工業(株)よりプラフレキ事業移管を受ける
4 東北古河電工(株)よりエフレックス部品の製造移管を受ける
10 ISO9001:2000 及び ISO14001:1996を同時取得
2007 3 古河電気工業(株)千葉事業所内に市原委託工場を開設する
3 リサイクルプラスチック製ケーブルトラフ「グリーントラフ」の製造開始
4 九州エフレックス(株)を吸収合併し、九州エフレックス工場とする
4 強化可とう地中埋設管「スーパー・エフレックス」、電線共同溝可とう管「ジェネレックス」の製造開始
2009 1 送排水ポリエチレン管「アクアレックス」の製造開始